流行するインフルエンザの種類は毎年違うタイプであることは知っていますか?A~C型と分類されていますが、流行しているものはA型とB型が主流です。こちらではそれらのタイプのインフルエンザについて紹介します。

ピンクの薬

インフルエンザには、A型とB型とC型があります。
このうちウィルスが変異するのはA型とB型ですが、B型のウィルス変異が緩やかなのに対し、A型は少し手ごわくて、ウィルスも新型のものが多く現れます。
またA型は人から人だけではなく、トリやブタ等の動物にも感染するので、これもウィルス変異の多い原因となっており、トリインフルエンザもA型の一種です。
インフルエンザA型の特徴は、まず高熱が出ること。
いきなり38度から39度位の熱が出て、寝込んで大変なめに合います。
また、B型が消化器系の下痢や腹痛の症状が出るのに対し、A型では気管支系の、のどの痛み、咳等が出やすくなります。

またA型では筋肉痛や関節痛などの全身症状も出ます。
感染しやすい時期は、空気が冷たく乾燥している11月から2月。
乾燥や低温から喉を守るためにも、外出時はマスクをするのがおすすめです。
風邪との区別については、風邪の場合でもだるさとか筋肉痛はありますが、インフルエンザA型ではそうした全身症状がはっきりと現われます。
また風邪ではよくくしゃみや鼻水が出ますが、インフルエンザA型では鼻というよりも喉が痛くなります。
それから、風邪だと熱は次第に高くなりますが、インフルエンザA型では急に高熱が出ます。
もちろん、風邪のひきかたには個人差があり、いつも喉から症状が出て、扁桃腺が腫れて高熱が出るというパターンの人もいるでしょう。
この場合は区別がしにくいですが、高熱が出た時はいずれにしても病院へ行きましょう。
このようにインフルエンザA型ではいきなり高熱が出ることで風邪との区別がつきやすいのですが、人によっては熱がそれほど高くならない場合もあります。
それでも、インフルエンザは悪化すると肺炎や脳炎を起こす場合があるのであなどれません。
だるさや筋肉痛などの全身症状がきつくて、喉の痛みがひどいようであれば、一度病院で調べてもらった方がいいでしょう。

病院で診察してもらった結果、A型やB型インフルエンザに罹患していた場合はリレンザやタミフルといったお薬が処方されます。
インフルエンザにかかった場合はこのタミフルやリレンザで確実に治療すべきです。
また、リレンザやタミフルはインフルエンザ予防にも使える薬です。
病院へ行かなくてもリレンザやタミフルは通販購入が楽ちんでおすすめです。
両方ともインフルエンザ治療の代名詞とも言えるお薬ですが、リレンザは高い効果が期待できるお薬として、そして副作用の心配が少ないお薬として有名です。
ただし、ウィルスに感染後48時間以内に服用しないと効果が下がると言われているので、インフルエンザかなと思ったら早めに病院にいくことが重要です。
また、タミフルは以前、子どもの異常行動がニュースで取り上げられ、10代の未成年は服用が禁止とされていましたが、平成30年に改正され、使用が可能となりました。
結論から言えば、異常行動とタミフルの因果関係を明確に決定づけられないと判断されたためです。
しかし、子どもに服用させる場合はやはり不安だと思います。
高熱などで大人でも辛いインフルエンザですので、感染しない程度にそばにいて様子をみてあげることは大切かもしれません。

記事一覧

人々はどうしても癌や心臓病等の重病と比べて、インフルエンザや風邪を軽く見がちです。 しかし例え季節性...

細菌

インフルエンザには、季節性インフルエンザと新型インフルエンザがあります。 新型は、季節性よりも感染し...

医者

インフルエンザはただの風邪のように思われがちですがその症状は重く、体力が落ちている時には昏睡状態に陥...

青い細菌

インフルエンザは風邪と似た症状が多く出る病気であるため中々違いがわからず、病院で検査を受けた時に初め...

診察している医師

インフルエンザB型はA型に比べると感染力が弱いため話題になることは少ないのですが、それでもインフルエ...